タイラバ タックル

タイラバのタックルというのは他の魚種の竿を兼用するというのは少し難しいかもしれません。

もちろんできないというわけではないです。

筆者も一番最初は、船釣りの竿でオールマイティーといわれれる7:3調子で胴に乗るタイプ、2.4m適合錘10号~80号の竿を使いました。リールは両軸リールでPEラインは1.2号、メバル釣などに使っていたリールです。錘は80gですから、20号強の負荷ですね。

見よう見まねで1日タイラバをして、初めてで何とか60cmオーバーを釣り上げたのですが、この竿ではどうしようもない欠点がありました。

1.竿の反発力が強い

 これは鯛がネクタイ部分を咥えたとき抵抗が大きく食い込む前に離してしまう事が多発しました

2.リールシートから竿尻までの距離が短い

 これは脇に挟んで竿が固定できないため、タイラバの鉄則である等速巻きがやり難いのと、軽いタックルであっても持ち重りして疲れてしまう。

専用竿はこうした欠点を補ったものになっていますから、これからタイラバ釣りを始めようというのであれば専用竿をオススメします。

 

で、どの竿にするかですが、やはり大手のSHIMANO、DAIWAがラインナップも多く安心して購入できると思います。シマノは「炎月」、ダイワは「紅牙」というシリーズ名をつけランクも種類も豊富です。

選ぶときのコツは、そもそもタイラバというのは向こう合わせの釣りで鯛の口がっはりに届くまでは巻き続け鯛が反転することで針掛かりをするという基本的に乗せの釣であるということを頭にいれておくこと。

最近はこのタイラバやタチウオ釣りでよりスポーティーに釣ろうと、掛けの釣りというの流行していますがこれは上級者の枝葉の部分と思っておきましょう。

これからタイラバをはじめ、楽しんでいこうというのなら、まずは鯛を釣るという楽しさを味わいやすいものを選びましょう。

オススメするのは専用竿の中の軟調タイプ。太平洋や四国沖、九州などで始められるのであればスタンダードからでよいでしょうが、水深100mくらいまでの場所であれば軟調タイプをオススメします。

レベルは一番下のランクではなく、下から2番目シマノであれば炎月SS、ダイワであれば紅牙(TypeN)以上を買いましょう。釣りを続けていくと下のクラスでは満足できなくなりすぐ上位のものが欲しくなります。ですから続けるのであれば予算の範囲で少し上のランクのものを購入することをオススメします。

また、乗せ釣(軟調タイプ)をしていると、だんだん掛け釣りにも挑戦したくなります。掛け釣はやはり掛け釣に特化した構造が必要になりますから、そのときは上位ランクの竿を選ぶと良いと思います。

竿
メーカー シマノ ダイワ
シリーズ 炎月SS 紅牙
TypeN
品番 B610L-S N69MHB-S
全長(m) 2.08 206
継数(本) 2 2
仕舞寸(cm) 158.6 162
自重(g) 100 110
先/元径(mm) 1.3/9.3 09/10.9
適合錘(g) Max80 30-80

適合PEライン

Max1.0 0.5-1.0
定価(円) 27500 26300

メーカーは好みもあると思います。メーカー独特のシステムは上位機種に搭載されていることが多く、その採用によって価格がどんどん高くなります。私はシマノが炎月にはすべて採用しているスパイラルガイドが気に入っています。PEラインからのあたりがダイレクトに伝わりやすくなっているシステムであると思います。

シマノ 炎月SS B610L-S

ナチュラムで見る
アマゾンで見る
yahooでみる
楽天で見る

ダイワ(Daiwa) 紅牙 N69MHB-S

ナチュラムで見る
アマゾンで見る
yahooでみる
楽天で見る

 

釣具の管理

● 釣具を保管するなら トランクルーム

● 釣具を運搬するなら ○○○

 

こちらはいかが?

うなぎ通販  ●魚の冷凍保存 ●海上釣堀テクニック ●スズキ釣り方 ●タチウオの釣り方

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2017 フィッシングのケロ通販 rss